MENU

Vラインの黒ずみの原因って?放置すると濃くなりやすい!?

Vラインは黒ずみができやすい部分ですが、
それを放置しておくとどんどん色素沈着していきますので早めの対策がカギとなります。

 

黒ずみの主な原因としては、
ムダ毛の自己処理による肌荒れや乾燥や炎症、汗によるムレ、洋服や下着による摩擦などがあります。

 

ムダ毛の自己処理が原因の場合は、
自己処理後の保湿ケアを徹底するということが大切です。

 

炎症を抑える効果がある成分や美白成分が配合されているクリームなどでしっかりとケアしましょう。

 

そして、自己処理を中止してサロンでのお手入れにシフトするのもおすすめです。
サロンでのお手入れによりVラインの脱毛が完了すれば煩わしいムダ毛の自己処理からも解放されて黒ずみも軽減されます。
Vラインは汗によるムレで菌が繁殖しやすい箇所です。

 

そのため、肌荒れや炎症を起こしやすくなりそれが黒ずみにつながってしまうことがあります。

 

それを防ぐためには、
Vラインを常に清潔にして保湿ケアをし、肌を健やかに保つことが大切です。

 

洋服や下着による摩擦が原因の場合は、
締めつけが少ないデザインのものを選んだり、
摩擦による肌荒れや乾燥をクリームなどで保湿することが大切です。

 

専用のクリームなども市販されていますので積極的にお手入れに取り入れてみましょう。

このページの先頭へ
シルク・ドゥ・ソレイユとは